髙橋ボデーは宮城の福祉車両修理・整備をしています。命を預けるクルマに安心安全を!

オイルメンテナンス

  • HOME »
  • オイルメンテナンス

オイル

エンジンオイルは3000キロ毎が理想的 エンジンオイルは3000キロ毎が理想的…と言われていますが、それにはちゃんと理由があります。まずエンジンオイルですが、ベースオイルと言われるオイル自体は3000キロ以上のものが普通です。ただしエンジンオイルには「添加剤」が付加されていて、その種類はエンジン内の清浄であったり潤滑性能であったり様々です。この添加剤の耐久性能が3000キロ走行で劣化、あるいは添加剤の効果がなくなる事が多いので、3000キロでエンジンオイル交換が理想的と言われるのです。長くエンジンを保護し、エンジンの性能を保つためにもオススメします。

車を人に例えると… 「エンジン」心臓 「エンジンオイル」は血液にあたります。 エンジン(心臓)エンジンオイル(血液)がないと全く機能しません。 エンジン(心臓)がトラブルないように働けるよう、定期的な交換が大切なのです。 目安は3000キロ~5000キロ
アフターマーケットにて弊社のインタビュー記事が掲載されました!
PAGETOP
Copyright © 有限会社髙橋ボデー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.